ご当地健康体操56「小山市民元気あっぷ体操」栃木県小山市

ご当地健康体操56「小山市民元気あっぷ体操」栃木県小山市

小山市民元気あっぷ体操

制作:栃木県小山市(平成20年)

対象:全世代

目的:メタボの予防、改善。

体操制作に関わった人:小山市健康増進課 保健師、小山市歌「小山わがまち」の作曲家佐藤眞先生、小山評定ふるさと大使ピアニスト岩下淳子先生、トレーニングセンターサンプレイ代表の宮畑豊先生、介護予防ボランティア(シニア元気あっぷ塾サポーター きらり会)、小山市生涯スポーツ課職員

<主な利用場面>
介護予防教室、高齢者向けのいきいきふれあい事業、メタボ予防の運動教室、地元のケーブルテレビで一日5回放映

健康増進課の保健師 中島さん、渡邉さん、西出さんにお話を聞きました。

編集長
「体操制作のいきさつを教えてください」

渡邉さん
「平成19年に市の新規重点施策としてメタボ対策が加わり、平成20年度からの特定健診・特定保健指導の開始にあたって、メタボ予防改善のために市民が気軽に取り入れられるオリジナル体操を制作することになりました」

編集長
「なるほど。どのような体操なのでしょうか」

渡邉さん
「はい、筋力トレーニングをもとに、腹筋、わき腹を中心に、体全体の筋肉に程よい刺激を与え、バランス調整にも効果的な13の動作から成っています。1回約5分の実施で約0.25エクササイズのエネルギー消費があり、メタボ改善だけでなく、筋力アップで介護予防の効果も期待できます。また、市歌「小山わがまち」をアレンジしたBGMで、口ずさむように楽しく継続できます」

編集長
「これまでの成果をお聞かせください」

渡邉さん
「地区自治会の行事(運動会など)や自主活動グループの活動に取り入れられるようになりました。昨年は市役所主催の大体操会に200人が集まるなど着実に浸透しています」

<栃木県小山市>
人口約17万人。新幹線の駅があり広域幹線道路が通る交通の要衝地として、人口増加を続ける県内第二の都市。はとむぎの生産量は全国トップレベルで、はとむぎを取り入れた健康づくりに力を入れている。

編集長のコメント
「インターネットでは画像のみの公開ですが、DVDは一枚100円で市民の方に販売しているそうです」

わが町の健康体操カテゴリの最新記事