ご当地健康体操73「今治タオル体操」愛媛県今治市

ご当地健康体操73「今治タオル体操」愛媛県今治市

今治タオル体操

制作:愛媛県今治市(2000年)

対象:タオル1本あればどなたでも。
効果:肩こり、腰痛
音楽:「木山音頭」…1602年今治城築城の際に普請奉行の木山六之丞が土木工事の指揮を高めるために作られた唄
体操制作:今治女性会議、今治生活文化女性塾、地域の体育教師、理学療法士等

<主な利用場面>
今治市役所の朝の体操、今治市内の小学校の運動会の準備運動、今治市内のイベントでの披露、今治CATVとFMラジオでの放送、休暇村瀬戸内東予(リゾートホテル)で宿泊客対象に体操、今治タオル体操コンテストの開催

今治タオル体操愛好会 会長の渡辺小百合さんにお話を聞きました。

編集長
「20年の歴史を持つご当地体操は全国的に見てもほとんどありません。それも運動の専門家ではない普通の女性達が考案されたというのはすごいですね」

渡辺さん
「今治タオル体操はもともと今治市の男女共同参画の取り組みから始まりました。『女性のパワーで今治を盛り上げるために何かできないか』という目的のもとで、2つの女性グループが合同勉強会を開き、今治といえばタオル。特産品のタオルを使って何か出来ないか』と議論しました。やがてタオルを持って、身体を動かすと気持ちがいいことに気づき、試行錯誤しながら1年かけて体操をつくりました

編集長
「その普及活動を長年行ってきたのが、渡辺さんが会長を務めるボランティア団体『今治タオル体操愛好会』ですね」

渡辺さん
「はい、現在の会員は150名。ラジオ番組出演による広報活動や出前体操、イベント参加。また、毎年行われる今治タオルフェアの中で『今治タオル体操コンテスト』を開催しています。令和元年には関東支部長が誕生し、依頼があれば、タオル1本片手に関東はもちろん全国どこへでも行きますよ!

編集長
「市民の皆さんの声をお聞かせください」

渡辺さん
「タオル体操を毎日されている方からは『肩こりがなくなった』『便秘を解消した』などの声を聞いています。今治タオル工業組合さんからは『今治タオル体操コンテストは、今治タオルフェアの目玉になっている』と好評です」

編集長
「健康づくりだけでなく、地場産業のPRにも貢献していますね。今後の目標を教えてください」

渡辺さん
「いくつかあります。第一は『愛媛朝日テレビふるさとCM大賞』で、大賞をとってタオル体操のCMが全国で流れること(過去2回出場して、参加賞で終わっている)。第二は『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』の本選に出場すること(過去2回2次予選敗)。第三は2020東京パラリンピックの開会式イベント一般公募に今年落選しましたが、延期になったのでもう一度挑戦したいです。あと、2025年大阪万博の出演も狙っています

<愛媛県今治市>
人口約16万人。タオルと造船の町。広島県尾道市と結ぶ全長60キロの「瀬戸内しまなみ海道」は日本で唯一海峡を横断できるサイクリングロードとして世界的に有名。グルメは今治焼豚玉子飯や今治焼き鳥等。

編集長のコメント
「渡辺さんは『自分達がしたい事・楽しい事は、声に出して言ってみる』ことが大事だと強調されます。えひめ国体や全国障害者スポーツ大会(ともに2017年)でタオル体操を披露できたことはその成果だそうです」

ご当地健康体操100選カテゴリの最新記事